トップページ >>あおいクリニック

あおいクリニック INFINITT PACS導入事例 株式会社オーク情報システム

はじめに

あおいクリニックは2008年4月に大阪府交野市にオープンした。 岡本院長は大学病院や民間病院で手術を中心的に行ってきたが、手術をしない患者様に対して十分な治療を提供できないことにジレンマを感じていた。

その後、運動療法の大きな可能性を知ることとなり、手術にいたる患者様自体を減らせるという確信を持ち、それを実践する場を実現したいという気持ちを抑えきれなくなったことが開業のきっかけと振り返る。

あおいクリニックは、開院当初から毎日40人を超える患者様が来院されている。同院の特徴は最先端のIT機器を導入していること。電子カルテシステムが13台、画像ファイリングシステムが8台導入されており、診察室、レントゲン室、リハビリ室 といった院内のあらゆる場所で電子カルテの閲覧・入力、レントゲン画像・MRI画像の閲覧が可能となっている。

PACS導入のポイント

整形外科、特にリハビリテーションに力を入れている同クリニックでは、複数のスタッフが情報共有を効率的に図れるよう、開設当初から電子カルテ・PACSを複数箇所に導入し、運用していくことを念頭に置いたクリニックづくりがされている。

PACSの選定にあたっては、選定ポイントとして、「使いやすさ」と「サポート」を第一にあげている。

「使いやすさ」については、「複数の製品を比較した結果、オーク情報システムの『INFINITT PACS』は断然使いやすい」と岡本院長。 使いやすさの秘訣は、電子カルテとの連動、サムネイル画像の表示などをあげられたほか、特に角度の測りやすさについて、「もうこの機能は手放せない」と院長は高く評価している。

「サポート」については、「こちらの要望にいつでも応えてくれる体制が整っている」と高く評価している。 韓国メーカーであるINFINITT社と日本の医療機関の間にオーク情報システムが入ることにより、 スムーズなサポートが実現しているようだ。

導入の現場

見取り図

待合室

↑見取り図に戻る

待合室

待合室は、日頃から混雑しており、患者様が待ち時間を少しでもリラックスして過ごせるようにと、全体的にゆったりした設計となっている。また。水槽などを配置し、患者様の目を楽しませる工夫もされている。

 

受付

↑見取り図に戻る

受付

受付では、診察券を受け取り、電子カルテにチェックインを行っている。これは、紙カルテのクリニックでいう「カルテ出し」の作業にあたる。患者様の順番が来たら、カルテの受付一覧にもとづき呼び出しを行う。

 

診察室1

↑見取り図に戻る

診察室1

レントゲン(CR)やCTの画像は、「INFINITT PACS」にDICOMデータとして全てリアルタイムに集約される。それらの情報を用いて患者様にインフォームドコンセントを実施する。 撮影後すぐに患者様に説明できることが、デジタル化の最大の利点とのこと。

 

診察室2、3、4

↑見取り図に戻る

診察室2、3、4

混雑時にも診察を効率的に行えるよう、メインの診察室の他にサブの診察室を3箇所用意している。 3つの診察室にはそれぞれ、「INFINITT PACS」が設置され、どの部屋でも読影、患者様への説明が行える環境が整っている。

一般撮影室

↑見取り図に戻る

一般撮影室

さまざまな部位を撮影できるよう、レントゲン室には臥位撮影台と立位撮影台が設置されている。 整形外科特有の角度をつけた撮影にも対応できるよう、 X線撮影装置を自在に扱かえる、握りやすい円形の新形状ハンドルを採用している。

CR、操作室

↑見取り図に戻る

CR、操作室

レントゲン室の横には、操作室が設けられている。整形外科は複数方向の撮影を行うことから必然的に撮影枚数も多くなる。 そのため、複数のカセッテを同時に読み取れるCRとコンソール(画像制御装置)が配置されている。
 

MRI

↑見取り図に戻る

MRI

整形外科の領域では、腰の曲がった被験者やまっすぐに寝ることが難しい患者様が多いことから、 オープンMRIを採用している。MRIで撮影された画像は「INFINITT PACS」のサーバーにDICOM形式で管理される。

『INFINITT PACS』患者リスト

『INFINITT PACS』患者リスト

過去に撮影した、
【1】患者様リストから患者様を選択し、患者様ごとの
【2】画像シリーズから目的の画像を選択すると、
【4】該当画像が表示される。
また、簡易なレポート機能にコメントを入れておくことで、画像がより選びやすくなる工夫が施されている。

 

『INFINITT PACS』サムネイル表示

↑見取り図に戻る

『INFINITT PACS』サムネイル表示

クリニックでは、画像のサムネイル表示により、過去の画像を素早く直感的に閲覧できることを高く評価している。 また、サムネイル表示のレイアウトは使用するスタッフの嗜好に応じて、縦表示・横表示と自由に配置できる。

 

『INFINITT PACS』角度計測機能

↑見取り図に戻る

『INFINITT PACS』角度計測機能

一般の画像ファイリングシステムにおいて角度を測定する際は、3点を指定して測るが、整形外科医にとってはそれでは不十分とのこと。「INFINITT PACS」は、画面上では交わらない2本の線について、その間の角度を計測できる機能が備わっている。この機能が備わっていることで、業務効率が数倍上がったとのこと。

 

診察室

↑見取り図に戻る

診察室

レントゲン画像やMRIの画像を見せながら、患者様に今後の診療方針などを説明する。この際、過去の画像を瞬時に比較できることもPACSのメリットのひとつである。

 

リハビリ室

↑見取り図に戻る

リハビリ室

「症状が出てしまうほど低下した状態から本来の身体機能を自らとりもどしていただく。」その思いを形にするため、診療所としては大規模なリハビリ室(323m²)があり、電気治療・牽引など受け身の治療ではなく、「理学療法・運動療法」など能動的な治療を積極的に行っている。

クリニック外観

↑見取り図に戻る

クリニック外観

郡津駅近くの2階建ての商業ビルの2階にあおいクリニックはある。近隣住人の方が通いやすいよう大きな駐車場を完備している。

まとめ

あおいクリニック内にある「レントゲン」と「MRI」の2種類の画像が、オーク情報システムの「INFINITT PACS」 サーバーにDICOMデータとして蓄積され、瞬時に画像の確認、印刷を行うことができるようになっている。サーバー容量は1TBのミラーリングで、放射線画像の保存義務期間を十分にクリアできる環境を用意している。

このシステムについて、放射線技師の杉氏は、「システムメーカー各社の努力と工夫によって非常に使い勝手の良いシステムができあがった」 と満足げだ。画像ファイリングシステムの保守対応は、一般的に電子カルテに比べてあまり重要視されない傾向にあるが、 難しい要望に対しても応えようというオーク情報システムの姿勢を高く評価されていた。

リハビリ室においても電子カルテと画像ファイリングシステムが同じ画面で閲覧でき、 画像を見て電子カルテに記入することができる。近藤理学療法部長は、「リハビリ室で即座に画像を確認できることのメリットは大きい」とIT化の効果を高く評価する。

画像ファイリングシステムにより、診察室、リハビリ室、レントゲン室において、医師、放射線技師、 理学療法士がリアルタイムで情報を共有できるようになり、比較的大きな規模のクリニックであるにもかかわらず、 チーム間の共通認識を図ることに成功した好事例であった。

(執筆・取材 メディプラザ統括マネージャー大西 大輔)

もっと詳しく製品を見る

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例