トップページ >>あおばメンタルクリニック

あおばメンタルクリニック ユニカルテ 導入事例 株式会社ユニコン

はじめに

神奈川県は横浜市青葉区にある「あおばメンタルクリニック」は、患者さまをゆっくり診るには開業する必要があるとの市村院長の思いから始まった。 市村院長の経歴は普通の開業医とはかなり異なる。東京大学文学部を卒業後、 銀行に勤務。その後、このまま銀行員を続けていても社会貢献をしている実感が少ないと、 37歳の時に医学部に入り直した。当初は奥様の実家の内科医院を継ぐ予定だったとのことだが、卒業後、東大先端研特任講師を経て、昭和大学医学部精神医学教室に入局し、 昭和大学藤ヶ丘病院での勤務を経て2009年に開業した。

クリニックのコンセプトは、「50代、60代が通うアダルトな美容室」。 心療内科、精神科といった敷居の高い診療科において、通いやすく落ち着いた雰囲気をつくり出すことが大切だと先生は話された。 電子カルテの導入については、元銀行マンであり、パソコンにはまったく抵抗がなく、 開業前から電子カルテでいこうと決めていたとのことだった。

電子カルテ導入のポイント

市村院長がご専門の精神科・心療内科は電子カルテの導入にあまり向かないというのが 一般的な見解である。その理由は、患者さまの言葉を文字で記述する部分が非常に多いため、電子カルテに備わる入力補助機能が使いにくいためだ。 したがって、精神科・心療内科ではテキスト入力のしやすさが、選定における最重要ポイントとなる。 今回、株式会社ユニコンの電子カルテ「ユニカルテ」を選んだポイントは、
(1)操作性
(2)サポート
(3)機能
(4)実績
(5)価格
のうち、「操作性」と「機能」の2点。
特に操作性については、テキスト入力のしやすさが重要と考え、カルテを開いてすぐに書ける方式を重視した。 また、ユニコンの特徴である「カルテを書きながら、サマリを簡単に作成できる機能」も、重要な要素であったとのこと。

その他、メディプラザの来場者にも高く評価される、シンプルな画面レイアウトや薬の説明用データベースも採用のポイントであった。

導入の現場

見取り図

待合室

待合室
大通りに面している待合室は、ブラインドを上げれば外光が入り、とても明るい雰囲気である。 クリニックのコンセプトである「アダルトな美容室」の雰囲気をだすために、BGMにはクラシックを選曲。 椅子の両脇にあるデザイン性の高いスピーカーから落ち着いた楽曲が流れている。

 

受付

受付
受付では、患者さまからパソコンのモニタが見えないように、カウンターを高くするなど、工夫が施されている。また、初診時は問診票を患者さまに記入いただき、それを元にカウンセラーが詳しくヒアリングを行っている。

 

受付2

受付と会計を行うため、電子カルテ端末が受付に1台ある。画面には各患者さまの状況が表示されている。 電子カルテとレセコンが一体となっているため、受付の端末は1台のみである。

 

受付3
受付のカウンターには、電子カルテの端末に合わせて切り込みが施されており、すっきりとしたデザインとなっている。

中待合

中待合
カウンセリングルームは2つあり、その前には中待合いがもうけられている。患者さまに待ち時間を有意義に過ごしていただくよう、椅子の隣には自動血圧計が置かれている。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

カウンセリングルームでは、臨床心理士による、問診票を見ながらの、予備診療が行われている。予備診療の情報は電子カルテに入力せず、紙のまま残されている。

 

診察室

診察室
診察室には電子カルテ「ユニカルテ」が配置され、その隣にはインターネットにつながったパソコンが置かれている。電子カルテはインターネットにはつながっていないため、調べ物や患者さまとのメールのやり取りは、電子カルテとは別のパソコンで行われている。

電子カルテ

電子カルテ
電子カルテは2号用紙そのままの見開きタイプである。市村院長はパソコン操作があまり苦ではないとのことで、直接キーボードでカルテを書いている。

カルテ画面拡大

カルテ画面拡大

電子カルテの操作に集中しすぎて、患者さまとのやり取りがおろそかにならないように、初診時はあまりカルテ入力を行わず、診察の合間に入力することもあるそうだ。

 

サマリ画面

サマリ画面

サマリ画面では、カルテの情報をその都度、簡単に切り貼りできるため、即座にサマリができていく。経過の長い心療内科ではカルテをいちいち見るのが大変なため、このサマリ機能は大変重宝しているとのことだった。

 

文書作成画面

文書作成画面
心療内科は診断書や紹介状の他に、精神科特有の書類もあり、非常に文書作成が多い。カルテの内容を即座に文書に反映できる機能は大変重要であり、「これを1枚1枚手書きで書くのはとてもではないが、できない」と、市村院長は訴える。

 

診察室(薬の説明)

診察室(薬の説明)
薬の添付文書のデータベースは患者さまに薬の説明に大変有効である。心療内科は睡眠薬や抗うつ剤など、その取扱いに非常に気をつかう薬を多数扱うため、患者さまへの薬の説明は薬局任せにできない。

診察室


診察室
処方箋はその場でプリントアウトして、患者さまにお渡した上で説明を行う。処方箋に基づき再度、薬の説明を行うことで、2重のチェックがかかり、危機管理の観点からも重要だとのこと。

心電計

心電計
処置室には、気分が悪くなった患者さまのために点滴などの用意と心電計が設置されている。

クリニック外観

クリニック外観
クリニックはビルの2階にある。周囲から診療所に入ることを見られないよう少し死角にするなど配慮がされている。ちなみに1階はオーダメイドスーツの店舗が入っている。

まとめ

市村院長は、ご専門が精神科・心療内科ということもあり、電子カルテ導入について最も重視していたのは、「操作性」であり、 中でもテキスト入力のしやすい画面レイアウトと、カルテ情報の2次利用である。心療内科は、文書類が多い科のひとつであるため 、サマリや診断書の転記も重視して電子カルテを選んでいる。

電子カルテ導入の効果について市村院長は次のように述べる。 「心療内科では直接カルテ入力できることが絶対条件であり、しかも、ある程度大きな入力のためのスペースが大切である」 「患者さまとのインフォームドコンセントを重視しており、電子カルテに収載されている薬の添付文書情報などが一役を買っている」 「再診の多い診療科のため、情報を一度に見られるサマリ機能は非常に重宝している」 ユニコンの「ユニカルテ」は開発の当初から医師が関わっており、操作性、データの2次利用、 インフォームドコンセントといった医師が最も気にするポイントに配慮したシステムである。 そこには、誰でも簡単に、ストレスなく電子カルテの導入を支援するというユニコンのポリシーがある。

また、レセコンメーカーの老舗であるユニコンのレセプトチェック「満点レセプト」についても、 「このチェックのおかげで、開院以来、返戻がゼロです」と市村院長は高い評価をされていた。 心療内科特有の「操作性」への強い要求と、元銀行員という経営感覚の高さに、見事に応えた電子カルテの好事例であった。

(執筆・取材:メディプラザ統括マネージャー 大西大輔)

もっと詳しく製品を見る

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例