トップページ >>おとわ内科・脳神経外科クリニック

おとわ内科・脳神経外科クリニック Hi-SEED 導入事例 日立メディカルコンピュータ株式会社

はじめに

東京は文京区にある「おとわ内科・脳神経外科クリニック」は、実家ビルの建て替えにあわせて、2008年にクリニックを開設した。 川又院長の専門は脳神経外科で、20余年大学病院で最先端の医療に携わってきた。 脳外科疾患の診断・手術を行ってきた経験を生かすとともに、日常的な内科診療と専門性の融合を目指している。

ビルの1階~3階部分を占めるクリニックは1階に受付、2階に診察室・処置室、 3階にCT検査室とカンファレンスルームという構成である。スペースは縦に長細く、 また、ビルのエレベータがクリニックを縦に貫いているため、極狭なスペースである。

脳神経外科はCTをはじめとする検査も多く、さまざまな医療機器を駆使して診察を行う。初診時の診察時間が検査等を含め平均20分と長いことも特徴である。そこで、電子カルテシステムを中心にPACS、CR、CTを院内ネットワークでつなげ、「診療の効率化」と「患者様と接する時間の増加」を目的にIT化を進めた。



電子カルテ導入のポイント

専門の脳神経外科のみならず、生活習慣病を含めた内科の診療にも力を入れる 同クリニックでは、限られたスペースを有効活用するため、開設当初から電子カルテ・PACSの導入を念頭に置いたクリニックづくりを意識している。

電子カルテの選定にあたっては、何よりも企業の信頼性とサポート力を重視している。そのため、CT、レントゲン、電子カルテとIT化の中心を占める機器 ・システムを日立ブランドで統一している。

また、CT、レントゲン、エコー、心電計など、すべての画像データを電子カルテにリンクさせている。これによりアイコンをクリックするだけですべてを瞬時に呼び出せる、 電子カルテを中心とした情報の一元化および直感的な操作性を実現している。

これも日立メディカルコンピュータのHi-SEEDならではの機能であり、選定の大きなポイントになったと院長は言う。

見取り図

下線のついている箇所をクリックすると該当箇所の写真を見ることができます。

導入の現場

待合室

待合室
待合室は、ビルの構造上8席程度のスペースしかない。そのため、完全予約ではないまでも、事前予約を電話とWeb、携帯電話で受け付けている。待合室の混雑緩和に予約システムが一役買っている。

 

受付

受付

患者様には受付時に問診票の記入をお願いしている。患者様はこの問診票を自ら持って診察を受けることになる。電子カルテを導入しているクリニックでは あるが、問診には紙を利用している。完全にペーパーレスにするよりも、患者様に記入してもらう部分は紙を残す方が効率がよいとの決断である。

 

電子カルテ
受付と会計を行うための電子カルテ端末がある。画面には各患者様の状況が表示されており、 診察室、処置室の画面にも同様に表示される。決まった内容の連絡などは受付コメント機能を利用して情報連携をしているが、急ぎのやり取りは、各階に備え付けられた内線電話で行われる。

 

問診表は診察室のポストへ

問診表は診察室のポストへ
2階の診察室の前には問診票を提出するためのポストが用意され、その面前は、 中待合いとなっている。問診票の記入が済んだ患者様には診察の前の中待合いで待機していただく。診察室の前に中待合いを用意することも、混雑を緩和する工夫である。

診察室

診察室

2階の診察室のデスクには、日立メディカルコンピュータの電子カルテ「Hi-SEED」 (右のモニタ)とCTおよびCRの画像を管理する画像ファイリングシステム(左のモニタ) が配置されている。奥行きが広く、横に幅広な電子カルテの配置を想定したデスクのため、モニターで机がいっぱいになってしまうこともない。

電子カルテ画面拡大イメージ

電子カルテ画面拡大イメージ

診療履歴(1)画面に、投薬、検体検査、画像診断などの項目が時系列で配置されており、 それぞれのマークをクリックするだけで検査結果や画像が表示される。また、「SEEDパネル」 (2)は、処方薬の種類などがセットになったパネルが複数用意されており、必要な内容をワンクリックでカルテに反映することができる。パネルの内容は、使用者ごとに容易にカスタマイズができる。セットは数多く登録することができるが、頻繁に使用するセットはそれほど多くないとのことだ。

 

操作室

操作室
3階の検査室には、日立社製のCTとレントゲン、富士フイルム社製のCRが配置されている。各機器への患者様情報の入力(右のモニタ)は指示せんを見て看護師が実施している。それにより、医師は若干撮影位置を修正するだけ(左のモニタ)で撮影ができる。

 

CT

CT

CTで撮影された画像は、画像ファイリングシステムのサーバーにDICOM形式で管理される。あわせて、電子カルテとのリンクも貼られ、情報が一元的に管理されている。※写真右はレントゲン撮影装置

レントゲン

レントゲン

CTの右横の狭いスペースにレントゲンが設置されている。医院設計の時点で、この狭いスペースにCTとレントゲンを併設することが決まっていた。レントゲン機器はメーカーにより若干寸法が異なるため、設計段階で、ある程度医療機器を決定しておくことも大切である。

 

予備診察室

予備診察室

CTで撮影された画像は、画像ファイリングシステムのサーバーにDICOM形式で管理される。あわせて、電子カルテとのリンクも貼られ、情報が一元的に管理されている。表示履歴(①)にて、過去の心電図検査結果(写真左上画面右)を表示させ、患者様への説明と確認を電子カルテの画面上で行っている。

 

処置室

処置室

心電計(上写真画面中央)や点滴ベッドが設置されている。 また、看護師が患者様情報を把握できるように、電子カルテを参照するためのノートパソコン(下写真)が設置されている。 このパソコンは、3Fの予備の診察室に設置している電子カルテ端末を参照しているため、 カルテ端末の台数には含まれていない。ただし、予備診察室と同時に使用しないようであれば、 このパソコンでもカルテの記入が充分に行える。そうすることで導入コストを抑えることができたとのことだ。

 

クリニック外観

クリニック外観

ビル自体がコンクリート打ちっぱなしのモダンな造りであり、その外観と統一感をもたせる必要性があった。ガラス張りで、クリニックを告知するシールで覆われた、いわゆる一般的なスタイルではない。窓面を少なくし、通りがかった住民に大型モニターを通して情報提供をするなど外観のモダンさを演出している。

 

クリニックエントランス

クリニックエントランス

クリニックのエントランスと、ビル自体の入り口が同じため、外観同様、モダンさを意識したエントランスとなっている。スポット照明や観葉植物などもビル全体との調和への工夫である。

 

まとめ

川又院長の専門が脳神経外科ということもあり、電子カルテ導入について最も重要視していたのは、CT、レントゲン、エコー、心電計などの検査情報の一元管理が可能かという点である。診察、検査、診断、患者様への説明という思いが、一連の診察の流れを電子カルテ・PACSを用いてスムーズに行える電子カルテ導入の動機となったからである。

電子カルテ導入の効果について川又院長は次のように述べる。
「電子カルテと医療機器は一体的に選ばなくては意味がない。これらがすべて連携していなければ、電子カルテ導入の効果は半減する」 「さまざまな電子カルテを見たが、同一ブランドで、これらが実現できるメーカー は少なく、日立グループにはその点で安心感があった」

日立メディカルコンピュータの「Hi-SEED」は、医療機器との連動性を重要視する 医師にとってうってつけの機能を備えた電子カルテであった。電子カルテを中心に医療機器連携をスムーズにしたい、その背景には患者との診療時間、 インフォームドコンセントの時間を十分にとりたいと考える、院長のこだわりがうかがえる。
よく電子カルテに気をとられ、患者様の方を向かなくなることを電子カルテ導入のデメリットとして挙げる医師が多くいる。しかしながら、医療機器との連動が実施されれば、電子カルテの導入が、かえって患者様とのコミュニケーションの時間を多く生み出しているのだと感じられた好事例であった。
(執筆・取材:メディプラザ統括マネージャー 大西大輔)

もっと詳しく製品を見る

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例