トップページ >>のだ小児科

のだ小児科 導入事例 クラウドORCA(サイバーリンクス株式会社)

はじめに

2011年4月に和歌山県紀の川市で「のだ小児科」は開業された。野田英作院長は小児専門医として約20年間、地域の中核病院に勤務されたのち、その臨床経験で培った診療技術を「かかりつけ医」として、地域に提供していきたいとクリニックを開業された。クリニック運営のモットーとして、患者様やその家族への丁寧な説明、診療を常に心がけているとのこと。また、勤務時代からの患者様の在宅医療にも対応している。

導入の経緯

 クリニックの開業に合わせて、最初からIT化を進めようと、電子カルテとレセコン、予約システムなどの導入が検討された。

製品選定のポイントをお聞きしたところ、「安価であること」を真っ先にあげられた。IT化全体の投資をできるだけ低く抑えたいという考えがあったためだ。そのほか、もうすでに導入を決めていたORCA(日医標準レセプトソフト)連動型電子カルテ(WineStyle)との連動実績と、「運用が簡単であること」などを考慮して、最終的にサイバーリンクス社の「クラウドORCA」に決定した。

選定のポイント
(1)安価であること
(2)電子カルテとの連動実績があること
(3)運用が簡単であること

導入の現場

院内図

見取り図 診察室受付 検査レントゲン室待合室

受付

↑見取り図に戻る

受付

受付では電子カルテ【WineStyle】と【クラウドORCA】が連動している。 そのほか、予約システムも連動している。

 

待合室

↑見取り図に戻る

待合室

待合室は小児が転んでも大きなケガにつながらないように、 障害物を排除した空間となっている。

 

診察室

↑見取り図に戻る

診察室

診察室では、MACのOSで動く【WineStyle】を採用しており、腹部エコーやレントゲンなどの画像データを管理する画像ファイリングシステムを併用することで患者様へのインフォームドコンセントの効果を高めている。また、電子カルテと画像ファイリングシステムは、クラウドORCAとの連動により、患者基本情報を自動で取り込み、Drの運用負荷が軽減されている。

 

レントゲン室

↑見取り図に戻る

レントゲン室

小児のX線撮影における不安を少しでも取り除けるように、ポケモンのキャラクターつき X線撮影装置を採用。また、現像の待ち時間と手間をなくすため、CR (コンピューテッドラジオグラフィ)を採用している。

 

検査

↑見取り図に戻る

検査

そのほかCRPや自動体重計、自動身長計から、 患者様の検査結果を電子カルテに取り込み、日々の診療に活かしている。

外観

↑見取り図に戻る

外観

駐車場を大きくとり、多くの患者様に利用いただけるよう、ゆったりした つくりの診療所である。

 

まとめ

クラウドでもセキュリティは安心

医療分野においてのクラウドが本格的に開始されたのは、2010年2月のこと。厚生労働省は「カルテの外部保存について」の通知を変更し、電子カルテの管理を正式に企業に開放した。医療機関がクラウド技術に期待されているのは「コストダウン」や「サポートの迅速性」であろう。

医療分野でクラウドが解禁されてから歴史はまだ浅く、多くの医療機関はそのセキュリティ面を不安視する声もあると思われる。

しかしながら、サイバーリンクス社は教育、行政、通信など医療以外の分野ですでにクラウド構築・運用の実績・経験を持っている。

野田院長はこの実績と経験について、事前に説明を十分に受けていたため、「特にクラウドについて、不安はありませんでした」と話している。

「安価」で「セキュリティ」レベルも高く、さらに運用が簡単な「クラウドORCA」は野田院長の希望と完全に合致していたのであろう。

※「クラウドORCA」は、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第4.1版」に準拠した、万全のセキュリティ対策を施した安全性の高いサービス。診療所との通信は、暗号化通信とICカードによる強固な個人認証により安全性を確保し、盗聴・改ざん・不正アクセス等を防いでいる。

執筆 メディプラザ統括マネージャー 大西大輔 

もっと詳しく製品を見る

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例