トップページ >>医療法人社団 つくし会 グループホームやがわ

医療法人社団 グループホームやがわ 医療法人社団 つくし会関連施設 導入事例 プールス株式会社

はじめに

医療法人社団つくし会は、1992年に設立。理事長が院長を勤める新田クリニックと密接な連携を取り、安定した医療行為の提供を受けられる認知症対応型共同生活介護施設として、グループホームやがわ(以下GHやがわ)は設立された。

GHやがわの統括管理者である村松氏は、「利用者が自宅に居たときと変わらぬ生活を送るためには、これまでの生活でしてきたことを入居後も続けることが有効だ」と話す。さらに、「認知症の方は、何もできないのではない。例えば味噌汁を作るとすれば、野菜を切る、お湯を沸かす、切った野菜を入れる、味をつける、という“一連の流れ”の全てはわからないかもしれないが、まずは、野菜を切る、を一緒にやり、お湯を沸かす、を一緒にやるというように、それぞれを切り分けて作業すれば十分に食事を作ることだってできるし、順序を一緒に考えれば、自分の生活空間の簡単な清掃も問題無くできる」と続けた。

GHやがわは、認知症の利用者をただ住まわせているだけではない。掃除や料理、共同で生活を営む人々や地域とのコミュニケーションを通し、入居前と変わらない生活の実現を利用者とスタッフがともに目指している場所である。

導入までの経緯

GHやがわは、プールス社のおしぼり機を2009年12月に導入。

村松氏は、清拭や掃除において、効率的に衛生環境をさらに向上させるために、 “使い捨てでコストのバランスが良く、衛生的にも安心できるもの”の導入を漠然と考えていたという。

製品との出会いのきっかけは、村松氏が同施設のWEBサイトを作成するにあたり、かねてから付き合いがあった営業担当者が取り扱っている商品のひとつだったことだ。

しかし、「使用するうえでの具体的な利点」が不明瞭なままでは導入後の最良の活用も難しく、同法人の他施設への導入検討も難しい。そこで、非常に好評だったのは、導入前の1週間、実際の製品が貸し出されたことだった。その使用者の感想などを十分に得たうえで、同製品は導入された。

導入のポイント

GHやがわは、プールス社のおしぼり機を、清拭と掃除、そして食事の際のお手拭きなどに利用している。

プールス社のおしぼり機が採用された理由は、次の5点。

(1)布おしぼりに近い手触りで、しっかり除菌されており、肌への刺激が少ない
(2)テーブルの拭き掃除はもちろん、クイックルワイパーにつけて、立ったままで床掃除に使用でき、コストパフォーマンスも良い
(3)温・冷両方で使用できるので、季節に合わせて使用できる
(4)一枚あたりのサイズを8種類から選ぶことができたので、用途にあわせて検討することができた
(5)一週間、施設内にお試しで、実際の製品を設置でき、メリットを確認できた

同社の紙おしぼりが使い捨てであるというメリットを前提として村松氏は導入検討を始めた。その他、温・冷の切り替えが可能なため、清拭に使用する際に冬場は暖かく、夏場は冷たいままで使えることや、一枚あたりのサイズを選べたことも喜ばれている。

また、布おしぼりの頻繁な洗濯に多くの労力がかかっていたが、紙おしぼりの導入によって解消されたという。

そして、利用者が自ら、掃除に使うことも多いそうだ。テーブルや、床、利用している個室の拭き掃除などをこれまでの生活の延長として積極的に行っている。

導入の現場

見取り図

見取り図

グループホームやがわ入口

↑見取り図に戻る

グループホームやがわ入口

2Fがグループホームで、1Fはデイサービスになっている。JR矢川駅から近く、近隣にはスーパーや、野菜の販売所などがあり、利用者もよく買い物に出かけている。

 

スタッフルーム(設置場所)

↑見取り図に戻る

スタッフルーム(設置場所)

おしぼり機は、階段を上がってすぐのスタッフルームに置かれている。採用している紙おしぼりのサイズは、23㎝×24㎝。一度の補充で、125枚も使用できるにも関わらず、非常に省スペースでの設置が可能。

 

ダイニング

↑見取り図に戻る

ダイニング

ユニット型であるため、部屋の中央に共有スペースであるダイニングがある。ここでの拭き掃除にも、紙おしぼりが使用されている。このダイニングは、利用者のコミュニケーションスペースであり、料理の本を見ながら、その日に作る料理を選ぶ方や、献立が決まってスタッフと材料の買い出しに外出される方も見られる。

 

キッチン

↑見取り図に戻る

キッチン

ダイニングと並んでキッチンがあり、利用者は料理や、食事の後片付けをする。ダイニングと同様、スタッフルームから近いので、利用者も安心して時間を過ごすことができる。

 

居住スペース

↑見取り図に戻る

居住スペース

居宅スペースの廊下は広く、掲示物では、行事の模様などを収めた写真が飾られている。

 

フロアーの様子

↑見取り図に戻る

フロアーの様子

廊下を含めた床は、利用者とスタッフが共同で掃除をしている。クイックルワイパーに、紙おしぼりをつけて使用することで、体をあまり曲げずに作業ができる。また、紙おしぼりは、液状の除菌成分が含まれているので、乾いた布に比べて簡単に汚れを落とすことができ、高齢の利用者の体への負担も少ない。

 

テラス

↑見取り図に戻る

テラス

テラスがあり、花や木が植えられている。天気の良い日は、共有スペースからテラスに出て、日光浴をしたり、洗濯物を干す利用者もいる。

 

個室

↑見取り図に戻る

個室

個人の居住スペースも清潔感があり、明るい雰囲気。

 

外観

↑見取り図に戻る

外観

1Fにデイサービスセンターがあるため、送迎車両が控える駐車場は広めのスペースとなっている。

 

まとめ

GHやがわは、常に利用者の視点に立ち、『住み慣れた地域で、仲間と過ごす時を楽しむ』施設である。そして、あらゆる場面で利用者自身の自立を目指している。

村松氏は、「利用者が今までやってきたことをどうやって、入居後にも継続していただくか」を常に考えているという。そして、「認知症を患っていてもできることはたくさんあり、閉じ込めてしまうようなことはしない」と話された。

この考えは、共同生活の中で掃除や料理を通して利用者同士が助け合うこと、施設の中だけではなく、地域への外出などで実践され、同施設の利用者はまるで自宅の延長のように、おおらかなで家庭的な生活を送っている。

導入された紙おしぼり機も、施設と利用者がともに目指す「家庭的な環境の中での利用者の自立」に貢献している。何にでも使用できる紙おしぼりであるからこそ、利用者の生活の数え切れないほどのシーンで使用されているのだろう。

例えば、これまでは、掃除に使用するタオルは、衛生面を考え、使い捨てにするために、使わなくなった古い布を持ち寄っていたという。それでも数には限りがあり丁寧な洗濯という労力が掛かっていた。今では、簡単な汚れは紙おしぼりで、利用者自身が掃除をし、その都度捨てることができるので、利用者の生活の維持とスタッフの労力削減が実現されている。

このような大きな貢献に始まり、テーブルを拭くというちょっとしたことではあるが継続が必要な生活の場面、冬場の清拭での温かい使い心地まで、これからも、GHやがわにおける生活の中で、プールスの紙おしぼりは活躍し続けるだろう。

(取材・執筆:メディプラザ アドバイザー 蛯名沙由莉)

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例