トップページ >>医療法人社団 弥生会 旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム 医療法人社団 弥生会関連施設 導入事例 プールス株式会社

はじめに

医療法人社団 弥生会 旭神経内科リハビリテーション病院は、昭和58年に千葉県松戸市に開設。現在は、88床(回復期リハビリテーション病棟48床、一般病棟40床)の神経内科、内科、精神科、リハビリテーション科を標榜する病院として地域住民の健康を守っている。

平成2年5月には、入院生活を終えたあと、家庭に復帰するための足がかりを目的として、旭神経内科リハビリテーション病院に併設した老人介護保健施設、栗ヶ沢デイホームを開設した。医療・看護をはじめ介護、身の回りのお世話、リハビリテーションを必要とする寝たきりの高齢者や、軽度の認知症を有する高齢者の方々などに対し、心身の自立を積極的に支援してきた。

現在、弥生会では通所リハビリテーション、通所介護、訪問看護、訪問介護、居宅介護支援などもおこなっている。

弥生会は、病院を中心として、地域に開かれた診療やサービスを提供するだけでなく、多くの地域住民の健康増進にも深く関与している。

導入までの経緯

プールス社の自動おしぼり機を導入したのは、2009年12月。2台を栗ヶ沢デイホームに設置した。

製品を知ったのは、「通信系のサービスで関わりがあった営業担当者からの紹介であった」と旭 俊治事務長補佐は話す。

以前より同施設では、食事の際に患者様や利用者に「布おしぼり」を渡し、お手拭きやナプキンとして活用してきた。

しかし、「布おしぼり」では2点の問題点に常に悩まされていたと旭事務長補佐は当時を振り返る。

(1)介護士やスタッフが布おしぼりを巻くのに多くの時間を費やしていた。
(2)机やテーブルの上でおしぼりを巻くため、衛生面に不安があった。

上記の問題点の改善を旭事務長補佐はかねてから考えており、紹介されたプールス社の自動おしぼり機の存在に強い関心を持ったと言う。

導入のポイント

同施設では、プールス社の自動おしぼり機を1週間モニター使用してみたところ、利便性を感じ、実際の導入に至った。

プールス社の自動おしぼり機を実際に使用することにより、下記のポイントが明確になり、導入の決定につながった。

(1)紙おしぼりではあるが、厚手の紙を用いているため布おしぼりに近い感触であったこと。
(2)ボタンを押すと自動的に巻かれたおしぼりが出てくるため、スタッフの手間を排除できること。
(3)テーブルなどを活用しておしぼりを巻く必要がないため、衛生的であること。
(4)天然植物素材の除菌液により、害無く利用者の安全性や衛生面を確保できること。

弥生会では、2009年12月にプールス社の製品を導入したが、わずか3ヶ月後に旭神経内科リハビリテーション病院にも2台のおしぼり機を導入し、病院と栗ヶ沢デイホームで計4台のおしぼり機が設置されることになった。

このように短期間の製品導入を見ても、プールス社のおしぼり機に満足していることが伺える。

導入の現場

見取り図

見取り図

旭神経内科リハビリテーション病院入り口

↑見取り図に戻る

旭神経内科リハビリテーション病院入り口

病院は通りから入りやすく、清潔感にあふれている。ゴミ1つ落ちておらず、きちんと手入れが行きとどいていることがわかる。

 

待合室(病院側)

↑見取り図に戻る

待合室(病院側)

イエローとグリーンを基調とした広く清潔感のある待合室

 

リネン室

↑見取り図に戻る

リネン室

病院では、回復期病棟に入院中の患者様に対して、食事と一緒におしぼりをお配りしている。リネン室から配膳するたびに、自動おしぼり機から入院患者様の人数分のおしぼりを取り出しおわたししている。

雑菌から患者様を守るために除菌されたプールス社の自動おしぼり機は、当院ではもはや欠かせないアイテムだ。

 

食堂

↑見取り図に戻る

食堂

一般病棟の患者様が利用する食堂でもプールス社の自動おしぼり機が設置されている。食堂利用者には一日三回の食事のたびに、厚手の紙おしぼりがわたされる。

自動おしぼり機の導入以前は、人数分と食事回数分の「布おしぼり」を用意していたことを考えるとスタッフの苦労が大幅に削減できている。

 

介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム入り口

↑見取り図に戻る

介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム入り口

旭神経内科リハビリテーション病院に併設する介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム。デイホームは2階建てになっており、多くの利用者で賑わっている。

 

食堂(栗ヶ沢デイホーム1F)

↑見取り図に戻る

食堂(栗ヶ沢デイホーム1F)

デイホームの1Fにある食堂にもプールス社の自動おしぼり機が設置されている。食事の際に自動おしぼり機は欠かせない様子だ。

 

食堂(栗ヶ沢デイホーム2F)

↑見取り図に戻る

食堂(栗ヶ沢デイホーム2F)

食事やおやつの際には、食堂に設置してあるおしぼり機を活用している。プールス社の自動おしぼり機では、一度に50枚まで取り出すことができるため、配膳もスムーズに行える。

また、「何よりも布おしぼりを巻く手間が省けたことが大きな業務改善と衛生面の確保につながった」と介護士は語る。

 

旭神経内科リハビリテーション病院及び老人介護保険施設 栗ヶ沢デイホーム外観

↑見取り図に戻る

旭神経内科リハビリテーション病院及び老人介護保険施設 栗ヶ沢デイホーム外観

通りからも一目でわかるように病院、デイホーム、訪問看護ステーションや在宅介護支援センターなどを掲載した看板を配置。医療介護の施設を複合的に整備することで、地域住民の健康を一生涯に渡り、支えていることがわかる。

 

まとめ

入院患者様や施設利用者様の食事では、常に清潔感と衛生面の両方に十分配慮する必要がある。プールス社の自動おしぼり機は、両者のニーズを十分に満していると言える。

私たちは、飲食店などで「布おしぼり」に慣れ親しんできため、「布おしぼり」特有の肌触りや、温かさを当たり前のものであると考えている。

一方で、患者様や利用者様に対して「布おしぼり」を提供することは、医療機関や施設のスタッフにとって、多くの手間と時間がかかってしまう。

また、スタッフが時間をかけて巻いた「布おしぼり」には、緑膿菌などが付着する危険性もあり、衛生面で多くの問題点を孕んでいた。

これでは、スタッフが患者様や利用者のために費やす時間が報われない。

無駄な時間は排除して、少しでも患者様や利用者のケアに割り当てるのが理想的なかたちのはずだ。

今回の取材で明らかになったのは、プールス社の厚手の紙おしぼりは、「布おしぼり」よりも多くのメリットを享受できることだ。

おしぼりを毎度巻くための労力を削減でき、人の手で巻かないためことで雑菌などの付与を完全に取り除くことが可能となる。

この2つのメリットを取り上げるだけでも、「布おしぼり」と比べたときの優位性がわかるだろう。

今後、自動おしぼり機は、間違いなく医療機関や施設で「布おしぼり」の代替品になっていくことが予想される。

(取材・執筆:メディプラザアドバイザー 田原和斉)

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例