トップページ >>Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ) 導入事例 テクノジム・ジャパン株式会社

はじめに

病床数7床、透析病床10床で始まった黒沢医院を前身とし、1985年に開業した医療法人美心会黒沢病院。以降、増床とともに、標榜診療科を増やし、健康管理センターや訪問看護ステーション、特別養護老人ホームなどの開設と高度医療機器の導入によって機能を拡大。現在では外来、入院、透析、健診ドックの4本を柱に、24時間体制の救急対応も含め、地域住民の生活に密着した医療の提供をおこなっている。

理事長の黒澤功氏は、医の原点について、「病気を治療することだけではなく、健康を保つお手伝いをすること」と語る。

2009年7月に新たにオープンした健康増進施設「Medical Fitness & Spa Valeo Pro(以下、ヴァレオプロ)」は、まさに地域住民の健康を保つお手伝いを具現化するものだ。

黒沢病院では、1989年から人間ドックを開始し、受診者は年々、増加。近年では年間1万6000人にも達している。ただその一方で、人間ドックを受けていただき、結果をもとにアドバイスをするものの、翌年には同じ方に同じ指摘をするということが多々あり、もどかしく思っていた理事長は、自ら運動施設を作る必要性を感じていた。

フィットネスマシン導入のポイント

ヴァレオプロは、黒沢病院の関連施設「ヘルスパーククリニック」の2階にある。2009年7月にオープンした同施設は、1階が外来診療とデイケア、3階が人間ドックを中心とした健康管理センターと、館内全体が予防医療に重点を置いた機能を担う。医療法人の付帯施設として認められた疾病予防のための運動施設、いわゆる「42条施設」である。2003年に準備を始めた当初はあくまでも「人間ドックを受診した人が利用する運動施設」という位置づけで、メディカルフィットネスをおこなう42条施設にしようとは考えていなかったという。

方針が変わったのは、準備を始めて5年ほど経った2008年頃。全国の多くの施設を見学に行くなかで、「地域住民の健康を保つために、運動習慣を身に着けていただく」というもともとの目的をより効果的に達成するには中途半端な設備ではなく、本格的なフィットネス施設が必要だと考えたからだ。

ただ、法人内にはメディカルフィットネスを運営することに対する抵抗感もあったという。その大きなハードルになっていたのは、「医療機関がフィットネスを行って何かあったらどうするのか?医療と密接に連携しなくてはならないのでは。」という既成概念だった。しかし、他病院の施設を見学し、話を聞いたことで、その懸念は払拭された。

複数のフィットネスマシンメーカーから話を聞き、最終的にテクノジム社に決定したのが2009年1月。選定の決め手となったのは、世界中で導入されているというブランド力、シックに統一された内観に溶け込むマシンのデザイン性、そして導入・サポートスタッフの能力と、「ウエルネスシステムキー」を用いた利用者の個別フォローの仕組みという4点だ。

決定してから半年足らずでオープンできたそのスピードに、導入・サポートの手厚さは表れている。マシンの選定から施設のレイアウト、スタジオプログラムの提案、スタッフ管理や顧客管理に関するノウハウ、トレーナーの教育に至るまで、サポートが充実していた。スタッフの教育に関しては、オープン前2ヵ月、オープン後1ヵ月の3ヶ月の研修に加え、3ヵ月後研修、6ヵ月後研修が行われ、研修内容もマシンの指導方法やスタジオプログラムの進め方、マネジメント、CSと多岐に渡った。

導入の現場

見取り図

フロント

↑見取り図に戻る

フロント

リゾートホテルのようなフロントで、利用者を笑顔で迎えてくれる。一見敷居が高くみえるが、利用者に名前で話しかけるなど、地域に密着した施設であることがわかる。フロントでは利用者ごとのトレーニングプログラムが登録されている「ウエルネスシステムキー」が手渡される。

ウェルネスシステムキー

※ウエルネスシステムキー
ウエルネスシステムと各トレーニングマシンを結ぶICチップ内蔵の記録メディアで、様々なトレーニングデータを記録できる。

 

運動開始前

↑見取り図に戻る

運動開始前

「ウエルネスシステムキー」を「ウエルネスエキスパート」にさし込み、個人プログラムを起動させる。血圧を測定し、「ウエルネスシステムキー」に記録させる。

ウエルネスエキスパート

※ウエルネスエキスパート
システムとユーザーを結ぶインターフェイス。「ウエルネスシステムキー」にトレーニングプログラムを設定や、測定値の登録、トレーニング結果を確認する際に使用する。

 

カウンセリングコーナー

↑見取り図に戻る

カウンセリングコーナー

トレーニングの前に、利用者は専任の保健師に健康や体力の状態について自由に相談できる。トレーニングプログラムの内容もトレーナーと打ち合わせて変更が可能。スタッフとのコミュニケーションを楽しみに施設へ来る利用者も多い。

 

カウンター(プログラムの変更)

↑見取り図に戻る

カウンター(プログラムの変更)

「トレーナーポイント」に「ウエルネスシステムキー」をさし込むと、個々のトレーニングの実施データと結果情報がPCへ読み込まれ、モニターに表示される。必要があれば、トレーナーがトレーニングプログラムを変更する。

トレーナーポイント

※トレーナーポイント
ウエルネスシステムキーからPCへの読み込み、書き込みを実施するシステム

 

有酸素トレーニング

↑見取り図に戻る

有酸素トレーニング

有酸素系のマシンは、「キーリーダー」に「ウエルネスシステムキー」をさし込むと自動的にスタートする。運動時間や距離も利用者ごとに「ウエルネスシステムキー」に記憶されているため、安心して運動をおこなうことができる。利用者はTVなどを見ながら運動ができるため時間を忘れて続けられる。

 

筋力トレーニング

↑見取り図に戻る

筋力トレーニング

「ウエルネスシステムキー」を筋力系マシンに設置されている「アイソコントロール」にさし込むと、負荷・回数・スピードが表示される。「ウエルネスシステムキー」には、トレーニングプログラムが記録されているので、利用者は表示されている内容に沿って運動をおこなうだけでよい。

※アイソコントロール
筋力系トレーニングのためのインターフェイス。「ウエルネスシステムキー」から負荷や挙上回数などの情報を読み込んで表示する。

 

フィットネスジム(500m²)

↑見取り図に戻る

フィットネスジム(500m²)

高級感のある施設内に、数多く配置されているテクノジム社のマシン。

 

サーキットトレーニング

↑見取り図に戻る

サーキットトレーニング

老若男女を問わず気軽にできるサーキットメニューは利用者からの人気が高い。

有酸素運動と筋力トレーニングを交互におこなうサーキット・トレーニングは、生活習慣病の予防や、改善を考える利用者にとって、無理なく、飽きずにおこなうことができる。

 

フィットネススタジオ

↑見取り図に戻る

フィットネススタジオ

ヨガやピラティスなどのスタジオメニューには、年齢に関係なく多くの利用者が集まる。

 

スパ(天然温泉)施設

↑見取り図に戻る

スパ(天然温泉)施設

スパ(天然温泉)施設が整っているのもヴァレオプロの魅力。入浴を楽しみに利用者が集まるのもこの充実した施設を見れば納得がいく。

 

「Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)」の外観

↑見取り図に戻る

「Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)」の外観

矢中町にあるヘルスパーククリニックは、遠くからでもすぐにわかる大きな施設である。

まとめ

開設から9ヶ月程たったいま、ヴァレオプロの会員数は約930人。年齢層は30代半ばから70代後半までと幅広く、最も多い利用層は50代、60代である。現状では、DMの配布などの積極的な広告活動はおこなっていないにもかかわらず、順調に会員数は増えている。

オープンから一年足らずでここまで会員数を増やすことができた要因としては、「ウェルネスシステムキー」を使った日々の健康管理、充実したスタッフ教育、スタジオプログラム等のソフト面のノウハウ提供など、テクノジム社のサポートによって、スタート当初からトラブルもなく、スムーズな運営をおこなえたことが大きい。

ヴァレオプロの目的は、地域住民の健康を維持することである。そのためには、運動を日々の生活の一部として取り入れてもらわなければならない。つまり、定期的に施設に足を運んでもらう必要がある。

実際、同施設の利用率は非常に高い。一日に全会員の3分の1以上にあたる約350人もの利用がある。その背景には、「ウエルネスシステムキー」を用いたサポートによる利用者の満足度、充実感の高さ、また、クリニックが併設されていて、保健師や管理栄養士、理学療法士といった、医療知識を備えた専門スタッフが多数いるという安心感があるのだろう。

そして、高級感の溢れる建物、内観でありながら、決して敷居が高いわけではなく、利用者は受付でもトレーニング中でも気軽にスタッフに話しかけられる、スタッフとの距離感の近さがある。こうした高級感の中にあるアットホームな雰囲気が、42条施設が成功する大切なポイントではないだろうか。

高崎市の住民の健康を守るという、社会貢献意識から生まれた同施設。小林マネージャーは、「会員の皆様が『Valeo Proの会員でよかった』と感じてくださるようなサービスを提供していきたい」と語る。

(取材・執筆:メディプラザ アドバイザー 田原和斉)

もっと詳しく製品を見る

▲ページ上部に戻る

こんな導入事例もあります

おとわ内科・脳神経外科クリニック

電子カルテを中心とした医療機器との連携で効率化を図る

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

菊池脳神経外科

待ち時間の短縮とゆったりとした診療、その両方を実現する

診療予約システム

ヨヤクル 導入事例

スミ内科

電子カルテをはじめとした医療IT機器で患者さまへの診療内容のわかりやすさを図る

電子カルテ

AI・CLINIC 導入事例

のだ小児科

「クラウドORCA」でIT投資を大幅に抑える

レセコン

クラウドORCA 導入事例

社会医療法人 敬愛会 中頭病院

院内情報を机上に集約、患者様に“可視化で伝わる医療”を提供するIT化

医療用モニタ

高精細ディスプレイ 導入事例

いきいき杉山クリニック

月1回のサポートで電子カルテがどんどん使いやすくなっていく

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

佐藤病院グループ

PACS導入が業務効率化とコスト削減、環境保全を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

坂戸中央病院

PACSを導入することで、大幅なコストダウン!将来は地域をつなぐインターフェースへと成長させたい!

PACS

TCIS HYPER(ティシィアイエス ハイパー) 導入事例

あおいクリニック

電子カルテと画像のファイリングにより複数のスタッフとリアルタイムな情報連携を実現

PACS

INFINITT PACS 導入事例

旭神経内科リハビリテーション病院/介護老人保健施設 栗ヶ沢デイホーム

自動おしぼり機により、スタッフの手間を省き、患者様や利用者様が安心して食事を楽しめる環境を実現!

感染予防

プールス 導入事例

ふたば整形外科

電子カルテが人と人の連携を手助けする。システムを有効活用した誠心誠意の地域医療で、患者様とスタッフへの貢献を

電子カルテ

Doctor-SEED 導入事例

藤原ENTクリニック

待ち時間の短縮とスタッフの負担軽減を目的に電子カルテを導入し、患者様に丁寧に接するための余裕を作り出し、心のこもった笑顔あふれるクリニックに

電子カルテ

Hi-SEED 導入事例

ケアフルクラブ悠々園

『元気でカッコいい』というコンセプトを実現するため、デザイン・ブランドにこだわった未来型の介護予防デイサービスセンター

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

寿康会病院

PACSで実現した、院内業務の改善と地域への新たな貢献

pacs

I-PACS FS & 680HM 導入事例

あおばメンタルクリニック

電子カルテは患者さまとの大切なコミュニケーションツール

電子カルテ

ユニカルテ 導入事例

CO・OPフィットネスクラブ「wish(ウィッシュ)」

入院患者から地域の高齢者まで、幅広い目線で健康の輪を広げる医療施設に併設されたフィットネスクラブ

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

泉屋内科クリニック

患者さまへ早期発見・早期治療の重要性を伝えるため、IT機器を利用した分かりやすい解説に取り組む

PACS

REGIUS Clinic System 導入事例

ヒルサイド眼科クリニック

紙カルテを一部は残した『ハイブリッド型の電子カルテ運用』でローコストオペレーションを実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

Medical Fitness & Spa Valeo Pro(ヴァレオプロ)

医療機関の安心感,スタッフとの近い距離感,施設の高級感が魅力の、地域住民が毎日通いたくなる健康増進施設

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

グループホームやがわ

『施設』ではなく『家』で暮らす。これまでの生活空間の延長を、利用者とともに目指すグループホーム

感染予防

プールス 導入事例

ナルミ エア スタジオ

医師,トレーナー,管理栄養士の3人体制で、利用者にオンリーワンのトレーニングプログラムを提供するメディカルフィットネス。

ヘルスケア

メディカル・ウェルネス 導入事例

木村内科医院

患者様の情報を一元管理電子カルテと検査情報の集約・連携で効率化を実現

電子カルテ

Medicom-HR 導入事例

石坂整形外科クリニック

医療機器から電子カルテまで、トータルコーディネートにより安心を提供

電子カルテ

SimCLINIC II 導入事例